メジャーのプレーオフの試合が無料で視聴できるぞ!ABEMAの無料体験はこちら »

山本由伸は菅野と千賀に次ぐ日本球界のエースになる〜魔球カットボールを操る男〜

「山本由伸投手は将来の日本球界のエースになる」

この記事では、なぜそう思うのか、どのように山本投手がすごいのかを紹介します。

特に、山本投手の武器の一つである「カットボール」に焦点を当てたいと思います。

関連記事↓

援護点が1点台の不運な投手・山本由伸と無援護王・菅野智之の比較【ムエンゴ定期】

【エグイ】山本由伸のカーブは宜野座カーブ!?被打率も1番低かった!【カーブの成績も紹介】

目次

今の日本球界のエースは菅野か、千賀か

山本投手の話題の前に、今の日本球界のエースを考えてみます。

*日本人メジャーリーガーは含まないで考えます

すると真っ先に思い浮かぶのは、巨人の菅野投手とソフトバンクの千賀投手のどちらかでしょう。

両投手は、2017年のWBCでも活躍し、世界でも通用するピッチャーです。まさに日本のエースたる存在となっています。実際に、日本が破れたアメリカとの準決勝では、どちらも素晴らしいピッチングを披露しました。

出典:WBC日本語サイト

また、両者に共通して言えるのは、メジャー志向であることです。それぞれメジャーリーグへの想いを口にし、球団にも訴えています。

しかし、彼らが所属するジャイアンツとホークスが移籍を認めておらず、現時点ではメジャー挑戦が実現していません。とはいえ、彼らは数年後には必ず大リーグに挑戦し、活躍していくでしょう。

さて、このような日本のエース2人は、やがてメジャーリーガーとなると想定すると、日本のエースは誰になるでしょうか。こう考えた時、私には山本由伸というオリックス3年目の若武者が、将来の日本球界のエースとなると思うのです。

2019/11/18 追記:山本由伸投手はプレミア12で「中継ぎエース」として活躍し、見事に日本の世界一に貢献しました。特に決勝の韓国戦では、140km/h後半のフォークボールに149km/hのカットボールなどキレキレで、圧巻のピッチングで世界を驚かせました。 来年の東京オリンピック、そして2021年のWBCでは「先発エース」として無双してくれることを期待します。

https://twitter.com/Premier12/status/1196047056034353154

山本由伸とは?プロフィールと成績

まず簡単に山本投手のプロフィールをまとめました。

プロフィール

名前:山本 由伸(やまもと よしのぶ)
年齢:20歳
チーム:オリックス・バファローズ
ポジション:投手
投打:右投右打
身長/体重: 178cm/80kg
生年月日:1998年8月17日
経歴:都城高
ドラフト:2016年ドラフト4位

出典:NPB公式サイト  ( 2019/5/19時点)

まだ20歳と若い3年目の選手です。ドラフト4位でありながらも、首脳陣の期待も高いとのこと。

成績

出典:NPB公式サイトより一部抜粋 (2019/5/19時点)

2年目の2018年には中継ぎエースとして活躍しました。主に8回を任され、防御率2.89と素晴らしい成績を残しています。

昨年は新人王候補になりながらも、残念ながら新人王を楽天の田中選手に譲りました。

それでも、他チームの脅威となる存在だったことは間違いありません。

そして今年の2019年シーズンは先発投手として活躍。7試合で防御率1.57と優れた成績で、オリックスのローテーションを支えています。

山本由伸の凄いところ

そんな山本投手の凄いところは数多くあります。その中でも、個人的にすごいと思ったポイントをまとめました。

150km/h超えのストレート

魅力の一つ目は、150km/h超えのストレートです。最速157km/hをほこり、将来的にはもっと速い球が投げられるのではないかと思われます。

本人も160km/hを目指せると語っており、さらに進化しそうです。

この豪速球で打者をねじ伏せています。

パリーグtv Youtubeチャンネルより

多彩かつ、キレのある変化球

山本投手は多彩な変化球を持っています。

2018年には新球のカットボールを磨き、2019年にも新たにシュートを習得しています。

その種類は、スライダー、スプリット(フォーク)、カーブ、チェンジアップ、ツーシーム、カットボール、シュートと多岐に渡ります。

特に2018年には140km/h台後半の高速カットボールを勝負球に使っています。

先発となった2019年シーズンも、多くの種類の変化球を投げわけています。

*2019年シーズンの記録(5/18時点) 出典:データで楽しむプロ野球

強い意志と負けん気がある

3つ目のすごいところは、強い意志があることです。

その例が、先発への強いこだわりでしょう。

昨年はセットアッパーとして大ブレイクしましたが、ずっと先発を志望していました。楽天の松井裕樹投手のように、今後も中継ぎや抑えのエースとしての道もありました。

しかし、山本選手は先発投手として活躍したいという強い意志を持ち続けたのです。

また、山本投手はストレートでガンガン押していくイメージもありますが、変化球でもバンバン三振を奪っています。

どんな球を投げるにせよ、打者に向かっていく闘志は見物です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる