映画マネーボールを久々に見た

野球本・映画・漫画・サイト

球団の人は選手を買うことばかり考えています。

だけど、本来買うべきものは選手ではなく、”勝利”なんです。

“勝利”するには得点を買わないと。

これは映画マネーボールでピーターという統計学に長けたスタッフが言った言葉です。短い言葉ですが、とても説得力がありますよね。

ということで、映画マネーボールを久々に見ました。

こんな名言が隠れているとは思いもしなかったです(笑)。

簡単なあらすじ

この映画は、弱小貧乏球団のGMだったビリー・ビーンとそのスタッフピーター・ブランドが、統計学を中心としたデータ分析を使ってチームの快進撃を導く物語です。実話を元に制作されました。

映画でも実話でも共通ですが、当時はあまり活用されていなかったデータを使った選手分析や手法は、野球界に革命を起こしました。当時から前の選手評価では、客観的ではなく、主観的な評価がされてきたのです。

映画の中でピーターはこう語っています。

いい選手がつまらない先入観や目につく欠点で過少評価されています。

ここでいう先入観とは、年齢、ルックス、人柄のことを指しています。つまり、統計的なデータとして優れている選手でも、年齢、ルックス、人柄を理由に過小評価されているということです。

この事実に気づいていたピーターに目をつけたのが、アスレチックスGMのビリー・ビーンでした。ビリーはピーターを側近スタッフへ抜擢し、「過小評価されている選手を発掘し、低予算で手に入れる」戦略に出ます。さらに、試合ではバントを多用しないなど、大胆な戦術を使ってチームを連勝に導いていきます。

MoneyballからDataballへ

そもそもなぜマネーボール(Moneyball)というタイトルなのでしょうか。これは、Wikipediaによると、以下のようなメジャーリーグの状況を指しているようです。

2000年代初頭のメジャーリーグは、財力のある球団とそうでない球団の格差が広がり、良い選手はことごとく金満球団へ引き抜かれる状況が続いていた。貧乏球団のオーナーからは、「もはや野球はスポーツではなく、金銭ゲームになってしまった」という嘆きの声が上がっていた。

つまり、当時の状況が野球(Baseball)ではなく金銭ゲーム=マネーゲームになっているがゆえに、マネーボール(Moneyball)と言っているのでしょう。

しかし、実話や映画で主人公のビリーらが起こした革命は、その逆でした。客観的なデータに優れた選手と戦術を活用できれば、低予算でも勝利できることを証明したのです。

これらのことから、タイトルのマネーボールは次のようなタイトルもあり得たなと思いました。

  • マネーボールに勝利した男達
  • マネーボールを変えた男達
  • DataBall

なお映画の元となった同名の本は、原題:Moneyball: The Art of Winning An Unfair Game「マネーボール:不公平なゲームに勝利する技術」でした。

日本語版の副題は「奇跡のチームをつくった男」です。副題も方がそれっぽいですよね。次の画像は新装版の書籍です。

Databallはデータを活用するという意味で挙げたのですが、これだけだと意味が分からないですし、インパクトもマネーボールに比べるとあまりないですね(笑)。

とはいえ、マネー主体のゲームから、データ主体のゲームへと移るきっかけになった本、映画でも。そういう意味で、マネーボールから”データボール”への変革の象徴となる作品にたったと言えるのではないでしょうか。

新しいことへの反発はどの世界でも同じ

ビリー達のセイバー・メトリクスを中心とした戦略は、当時では大きな反発を受けました。実際にビリーは、同じ球団のスカウトや監督から猛反発をくらってしまいます。

日本と比べてアメリカは、比較的に新しいことへの挑戦を推奨する文化がありますが、それでも大反対を受けてしまうのです。

ここから分かることは、新しいことへの挑戦、特に今までの現状を大きく壊すようなことに対しては、日本だろうとアメリカだろうと周りからの反対を受けるということです。

余談ですが、二刀流で成功している大谷翔平選手も、日本では当初大反対をくらっていたのは、あなたのご存知の通りです。

また、メジャーでも2018年の春キャンプでは成績が残せず、二刀流に懐疑的な声が上がっていたのも記憶に新しいですね。

関連記事>>「大谷の1番の強みは鈍感さである

さて、映画のマネーボールに戻りますと、周囲が大反対する中でビリー率いるアスレチックスは快進撃を続けます。

するとおもしろいことに、周りの見る目が変わってくるのです。そこは日本とアメリカも同じですね。アメリカの方が大袈裟かもしれませんが。

とはいえ、映画を通して、新しいことへの挑戦には様々な反発があることを改めて感じました。

おまけ~一番好きなシーン〜

ここから映画の中で1番好きなシーンを取り上げたいと思います(ネタバレ含みます)。残念ながら、野球のシーンではありません(笑)。

そのシーンは、、、

ジオンビをフィリーズに放出(トレード?)した後、ピーターが監督に対して言った一言

です。

このシーンでは、GMのビリー・ビーンがジオンビ選手に対してフィリーズへのトレードを告げます。その部屋には、彼らの他に、ピーターと監督がいました。

突然のことに驚くジオンビ選手も、数十秒後、事態を受けいれてその場を去ります。

この放出は、チームの和を乱すようなジオンビ選手の行動に腹を立てたビリーが、感情任せに行ったようにみえました。

これに対してピーターは、最初は反対するののの、最終的にビリーGMの決断を受けいれます。

そしてピーターは監督からの質問に、毅然とした態度でこう答えています。

監督
監督

君も(ジオンビ放出に)賛成したのか?

ピーター
ピーター

ええ。100パー!

このピーターの受け答えは、英語だと「100%」と言っていますが、日本語吹き替えだと「ええ。100パー」というフランクな感じで言っています。とってもfunnyです(笑)。

しかし、不満そうな監督に向かって、フランクに、堂々と言い放っているのです。

残念ながら、日本語吹き替えでしか分からないのですが、「100パーセント」と言うのではなく、「ええ、100パー」とフランクに言っている点がポイントです。

ピーターがイエール大学卒のエリートありますが、新卒でメジャーの球団スタッフて入社したばかりの言わば”ひよっこ”なワケです。

実際に最初の頃は、選手にクビを言い渡すのにビクビクしていました。

しかし、ここにくる過程までに、彼自身をクビを選手に告げる経験をしています。

そしてこのシーンです。監督に選手放出の是非を問われ、ピーターはここではっきりと「フランクに」100パーと言い放っています。

僕はここに、彼の責任をとるという覚悟が見えました。このシーンはfunnyであり、ピーターの決意を知れた気がしてグッときました。だから、1番好きなシーンてす。

コメント

オススメ動画視聴サービス