【佐藤輝明ヤバい】阪神打線が強くなった3つの理由【西武ファンが考える】

大卒新人の怪物ルーキーに3本のホームランを打たれて逆転負け。

2021/5/28の交流戦、埼玉西武ライオンズは阪神タイガースに7-10で逆転負けしました。

何と言っても、この試合の主役は佐藤輝明選手です。決勝3ランを含む3本のホームランを放ちました。

試合を見ていて「佐藤輝明ヤバすぎ!」と何度口にしたか分かりません。

とはいえ、今年の阪神打線は好調な理由は、佐藤輝明選手だけではないと思えました。

そこでこの記事では、西武ファンの私が考える「阪神打線が強くなった3つの理由」を紹介します。

  • 理由1 ”怪物”佐藤輝明の加入と大活躍
  • 理由2 マルテ、サンズの外国人打者が日本人投手に慣れた
  • 理由3 1,2番打者の出塁率が安定し、3~6番の誰かが打点を稼いでいる
目次

理由1 “怪物”佐藤輝明の加入と大活躍

1つ目の要因は、新人の佐藤輝明選手の活躍です。

佐藤選手の活躍とともに、他の選手への相乗効果も生まれています。

佐藤輝明の活躍

5/28の西武との試合では、1試合3本のホームランを放ち、西武ファンを震撼させました。

もちろん、野球ファンの誰もが「佐藤は怪物だ!」と思ったはずです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる