日本人投手黄金時代

今日はオススメの本を紹介したいと思います。それは、「日本人投手黄金時代」という杉浦大介さんの著書です。

2014年に活躍した、田中将大選手やダルビッシュ選手、黒田選手や岩隈選手などを中心に、なぜ日本人投手がメジャーで良い成績を残せるのかを、データやインタビューを元にまとめてあります。テレビやインターネットの情報では見えない、著者ならではの視点がとても面白いです。

日本人投手のルーツである甲子園

特に、日本人投手のルーツである”甲子園”についての考察が、より深いものとなっています。

メジャーというかアメリカでは投手の肘への負担に相当敏感です。だから若い選手には球数制限を課し、肘への負担が大きいとされるスプリット(フォーク)ではなく、比較的負担が少ないとされるチェンジアップを勧めています。

一方で日本では若い選手でも球数制限はなく、むしろ甲子園で球数を多く投げた投手を”よく頑張った”といって称賛する雰囲気があります。また、落ちるボールとしてスプリットを投げる投手も多くいます。それが、投手の選手生命に関わってくるという見方もあります。

メジャーリーグで有効なスプリットという魔球

とはいえ、このような日米の考えたやアプローチの仕方に違いがあるがゆえ、日本人投手のスプリットがメジャーリーグで有効になるのでしょう。メジャーリーグの打者は、落ちる球としてチェンジアップは慣れているものの、スプリットにはあまり慣れていなことが関係しているのかもしれません。

実際に、野茂投手のフォークボールはメジャーを席捲しました。そこから大家投手、大塚投手、佐々木投手、黒田投手、ダルビッシュ投手、田中将大投手とスプリットを自在に操る投手が優れた成績を残しています(ダルビッシュ投手はあまり投げないかもしれませんが)。

まとめ

このように、日米の対比についても注目して読むとおもしろいかもしれません。

何人であるかよりも、どんな野球選手であるかが問われるメジャーリーグでの彼らの真の評価が分かるので、今後のメジャーリーグに対する見方も変わるかもしれません。

野球マニアには必読の一冊です。

コメント