え、イチロー来年やめるの?クロマティ氏の記事にさらっと書いてあった

photo credit: photojeffic ichiro-03 via photopin (license)

ビックリしました。クロマティ氏の記事にさらっと書いてあったからです。イチロー選手が来年やめる、と。

そのクロマティ氏の記事はこれです。出典は夕刊フジのものとなります。

元巨人・クロマティ氏、私がやっと巨人軍の一員になった瞬間 イチローは「日本人は今もあなたを愛している」と言った

この記事は、元巨人で活躍したウォーレン・クロマティ氏の話を元に、ロバート・ホワイティング氏が構成したものです。

【元巨人クロマティが斬る】という題名で、いくつか連載されています。前回の記事から、イチロー選手について書かれていました。

スポンサーリンク

記事の最後にさらっと引退について言及

今回の記事ではイチロー選手の功績を称えると共に、外国人が異国でプレーする大変さにも言及しています。

そして最後の締めの文章にこう書いてありました。

イチローは来年、マリナーズとともに来日したあとに選手生活の幕を閉じるとみられている。その5年後には、圧倒的支持を得て殿堂入りすることだろう。

これを読んで本当に驚きました。イチロー選手が来年プレーをして引退することが、あたかも既定路線かのように書かれていたからです。

イチロー本人は引退するつもりなど毛頭ないのではないか

確かに、2018年シーズンのイチロー選手は、成績も残せずにプレーから一旦身を引きました。誰が見ても、彼の衰えは明らかでしょう。さらに、彼が今まで残してきた成績が圧倒的であるがゆえに、そのギャップから余計にそう思われやすいと思います。そういったことから、著者らは、球団関係者から情報を集め、「イチローは来年引退する」という見方を紹介したのだと推測します。

ですが、イチロー選手は本当に選手生活を来年で終えるのでしょうか。私は「終える」とハッキリ言えません。そして、「引退して欲しくない」そう思います。

というのも、「来年選手生活を終えるとみられている」というニュアンスからは、イチロー選手本人の意志というもよりも、彼を評価する球団関係者らの視点であることが伝わってくるからです。つまり、イチロー選手本人がどう思っているかは分からないのです。

彼が50歳でも現役でいることを目標にしていることからも分かるように、彼は辞める気は一切ないはずです。だから、彼が周りの評価を覆すように圧倒的なパフォーマンスを残せば、その次のシーズン、さらにまたその次のシーズンの契約と活躍に繋がるのではないかと思います。

まだやれる、そう思わせるイチローの偉大さ

最後に。このクロマティ氏の記事の情報が確かかどうかは分かりません。また、私が無知なだけで、球団の筋やインターネット等で情報を追いかけている人にとっては、彼が来年やめることは当たり前のことなのかもしれません。

しかし私は、この記事で「イチローが来年やめる」というリアリティを始めて持ちました。そして、「やめないでくれ!周りを圧倒して現役を続けて、僕らを楽しませて!」と感情的になってしまいました。

現実のメジャーリーグの世界は半端なく厳しい世界です。本当に来年で辞めるかもしれません。ですが、その世界で輝き、もがき苦しんで乗り越えてきたイチロー選手だからこそ、そこから這い上がってくれると信じさせてくれます。そう思わせることに、彼の偉大さを感じ、尊敬の念を抱くのです。

ガンバレ!イチロー!

追記:2019年3月22日

イチロー選手は2019年3月21日をもって現役を引退されました。イチロー選手、長年お疲れ様でした。いつまでもあなたは僕のヒーローです。

コメント