野球コラムを読めるサイトまとめ

野球のコラムを読むのが大好きで、いろいろなサイトの記事を読んでは楽しんでいます。

しかし、多くのサイトを一度に見るのは大変です。そこで、一気にリンク先にとべるように、この記事で「野球コラムを読めるサイト」をまとめてみようと思います。

野球のコラムが読めるサイトは大きく分類すると2種類です。野球だけでなく、サッカーなどの他のスポーツのコラムも読めるサイトと、野球に特化したコラムが読めるサイトです。

スポンサーリンク

スポーツ全体のコラムが読めるサイト

Number

野球のコラム
野球のコラム&ニューストップページ。スポーツテレビ局J SPORTS(ジェイ・スポーツ)で放送予定の番組を一括検索。登録無料のJ SPORTS IDで今すぐログイン。

言わずとしれた、スポーツ雑誌のweb版。コラムは全て読めるわけではなく、「続きは雑誌で」のパターンもある。

スポーツナビ

コラム一覧 - スポーツナビ
最新コラムをチェック。

スポーツナビのコラム。割と定期的に更新される。

日本経済新聞

「プロ野球」のニュース一覧: 日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

日経新聞の野球コラムもニュース。メジャーリーグのコラムもある。

SPORTS COMMUICATIONS

野球 – SPORTS COMMUNICATIONS

二宮清純さん責任編集のサイト。面白い視点で書かれている。

sportiva

プロ野球|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
集英社のスポーツ総合雑誌、スポルティーバ公式サイト「web Sportiva」。本誌記事の他、野球、サッカー、モータースポーツなど国内外のスポーツ最新情報を掲載。

スポーツニュースの他、コラムも充実。

Jsports

野球のコラム
野球のコラム&ニューストップページ。スポーツテレビ局J SPORTS(ジェイ・スポーツ)で放送予定の番組を一括検索。登録無料のJ SPORTS IDで今すぐログイン。

ニュースの他、コラムもあり。マニアックなコラムもある。

スポンサーリンク

野球専門のコラムが読めるサイト

Baseball Lab

コラム | Baseball LAB[ベースボールラボ]プロ野球×データ
プロ野球・データに関するコラム。Baseball LAB(ベースボールラボ)では、データスタジアムが取得している一球データを基にした勝敗予想や、セイバーメトリクスなどの分析記事を提供。

野球専門サイト。コラムの更新頻度は少ないが、1記事あたりの内容が濃い。データを使った根拠のあるコラムが読める。コラム以外の情報も優実充実している。

BASEBALL KING

球界を代表するエースの証?過去5シーズンの投手「貯金」ランキング|BASEBALL KING
日本の野球を盛り上げる!野球情報サイト『BASEBALL KING(ベースボールキング)』

 割と頻繁に更新される。内容も濃い。

ベースボールチャンネル

ベースボールチャンネル(BaseBall Channel) | データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!
野球専用メディアベースボールチャンネルは、野球エンタメ書籍『ベースボールサミット』編集部が運営し、データやコラム、多角的な視点で野球の魅力をWEBサイトにて発信していきます。

野球専門サイト

週刊ベースボールオンライン

野球コラム - 週刊ベースボールONLINE
野球専門誌「週刊ベースボール」公式サイト。プロ野球、高校野球、大学、社会人野球まで徹底取材。注目選手インタビュー・コラム・対談を毎日配信!

Full-Count

Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―
野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

野球専門サイト。米メディアで話題になった日本人選手の記事を訳しつつ、加筆してる感じ。たまにスポーツナビにも載る。

高校野球ドットコム

2015年ドラフト候補特集(高校生)西日本編「小川、高橋奎、永谷などの甲子園経験者が一歩リード!」 | ドラフト特集コラム | 高校野球ドットコム
2015年度、ドラフト候補になる可能性が高い高校生を東日本と西日本に分けてピックアップした。次は西日本の選手をピックアップ!

高校野球専門サイト。高校野球に関するニュースやコラムが豊富。

社会人野球ドットコム

コラム | 社会人野球ドットコム
ネットメディア、ベースボールドットコムは...

社会人野球専門サイトです。

まとめ

いかかがだったでしょうか。

多くのサイトのコラムを読むことで、いろいろな視点で野球をみることができるようになれれば、幸いです。

今後は野球雑誌や野球マンガなどもまとめてみようと思います。それでは。

コメント